mugimusenからサバイバルへ

サバイバルへリンクします

※ これが分からないと、世界情勢は分からない!!!

狼が来たとさけぶ人がいなくなったころ、狼が来ます 核兵器を完全に廃棄するようになっていません 、段階的とは? 、通常兵器、化学兵器はもっているし、核を作る技術者ま北朝鮮にいる、 それがイラクで指導していた。いつでも核兵器を作ることができる。 馬淵先生も化学兵器について、 大型のドローンなどで、毒ガス、サリンなどを散布する可能性について 言及しておられます。また頻繁におこる電車の停止事故など、 こ…

※ 低体温症のおそろしさ!二代王様ブッシュクラフトの必要性!!

ずっと、気になっていました。あの親子はどうなったのか? 捜索が続けられて、ずいぶん安否がわかりませんでした。 そして低体温症で亡くなられていました。 早く見つけることができていたら、助かったかも知れません ※ 新潟・五頭連峰山中の遺体、不明の親子と確認 死因は低体温症 少しの装備と食料があれば何とか助かっていたと思います。 連絡手段とか 体力があるうちに できるだけ見晴らしのいい場所に移る 高い…

福音派クリスチャンの考え方!

アシュケナージユダヤ人がカザール人であるという説を否定するのが、福音派クリスチャンの考えである。  “” カザール人はユダヤ人説を否定する福音派クリスチャンの解釈と終末論 “” 福音派クリスチャンの終末の解釈は イスラエルの建国と、そしてそのイスラエルが滅びることによって ユダヤ人が待ちに待ったメシアであるイエス様を殺したことをみとめ 悔い改めるということの重要性と 艱難の7年がおこり そして人…

※ 真のユダヤ人と真の韓国人 ※

真のユダヤ教徒はイスラエル国家を認めない シオニストの正体 ※ 南朝鮮単独で大韓民国が建国された翌月の1948年8月13日   李承晩が大韓民国政府樹立を宣言 ※ ユダヤ人は1948年5月14日イスラエル独立宣言を行った 真のユダヤ教徒はイスラエル国家を認めない なぜか今の韓国みたいである 真の愛国者の韓国人は今の韓国を認めない チュチェ思想に乗っ取られた韓半島 偽ユダヤ人の作ったイスラエル国家…

※ イスラエル建国にかかわった福音派の人々。の怪しさ ※

※ イスラエル建国に関わったイギリス政府、しかし、ここに、ロスチャイルド卿が絡んでいる、この悪魔崇拝者、グローバリストが関わっていることに 偽ユダヤ人のイスラエル乗っ取り計画を感じてしまうのはわたしだけでしょうか? ※ イスラエル建国に関わった、福音派の人々。。。 1900年前ローマによって世界に散ったユダヤ民族、 アレキサンドリアにより世界に奴隷として売り飛ばされた。 長い年月を経て、やがてイ…

※イスラエル建国のあやしさ ロスチャイルドの後押し※

戦後、イスラエルの建国には、本当に怪しさを感じます、イギリス当時は戦時内閣で、ロスチャイルド卿の後押しで、建国されました 福音派クリスチャンたちはこれを神の計画とみているようですが? それではなぜ、悪魔崇拝者のロスチャイルド卿やイギリス政府がからんでいるのか、大変怪しく思っています。 グローバリストたちの世界征服戦略を感じます。 ☆ 不思議な当時のイギリス内閣 「ロイドジョージ戦時内閣、外相バル…

※よくわかる今のロシア、プーチンの考え方※

今の大国ロシアの考え方 (高原ゴウイチロウ氏の動画より概要) 第二次大戦で日本人は300万人、アメリカは30万人、そしてロシアは2700万人が死んだ、なぜソ連でこれだけ死んだのか、ナチスが独ソ不可侵条約を一方的にやぶって当時のソビエト連邦に侵攻した その時のソ連軍は弱かった、その時ソ連の独裁者はスターリンでした、スターリンは猜疑心が強く、どんなに有能な部下も信じなかった、そして粛清に継ぐ粛清で優…

※どうなっているのか?シリア情勢と韓半島※

イスラエル周辺の勢力争いは韓半島の危機と大変関係が深い イスラエルの運命と韓半島の運命の不思議なリンク 日本のマスコミは どうなっているのか報道しないマスコミ 高原剛一郎氏の解説よりまとめました 感想としては、現実に起こっていることの世界情勢などについては、 大変分かりやすいです、このように現実には、 大変分かりやすい解説をする人ですが 福音派のクリスチャンの再臨の考えは、イエス様の復活の関して…

☆今がどれほど重要かミクロの叫びが明ける針の穴☆

ミクロの穴を開けるべく孤軍奮闘する聖殿シック 霊界の共助を感じます どんどん縁のある人々があつまってきます ミクロの活躍で蝮の腹に針の穴を開けて それが広がり未曾有うの善霊人が地上に 共助します、縁のある人々があつまります 日の丸を背負って韓国を闊歩する高僧 百済、新羅と縁のある子孫らしい 韓半島の危機に霊界が押し出しています マイクロからミクロへそしてマクロにつながります 祈りはマイクロでしょ…

☆ 偉大なママの勇気 母の日 ☆

☆ 偉大なママの動画 ひさびさにスカッとした。☆ 誰が我が子を守るのか 本当に考えさせられた。 平和な日本ではどうでしょうか。 その平和な日本で少女が惨殺されたのです。。 日本では銃はなくとも 我が子は自分で守るしかないのです。 ほんとうに日本を守ること 外敵を甘く考えて 拉致監禁がおこりました それでも目が覚めない 国防意識のない日本人 これがアメリカや周辺諸国の現状なのです。。。 このママは…

☆ 少女殺人に思う ☆

大分前になります、東京都下、八王子だったかと思いますが宮崎という男が、 何人もの子供達を惨殺した事件がありました。 その時、それを知られた真のお父様は、 “”このような者は真の父母によってしか救われない“” とおしゃったことを記憶しています 今回も、少女が犠牲になりました、なぜか、悪霊の行いは少女愛や少年愛など まさに、歴史的にはカナン人の神を呪う信仰者たちが行ってきた内容と リンクします。 ※…

昆虫食の会 二回目参加

今回は和食でした 『昆虫づくしの和食特集』 その1【昆虫天丼】 その2【スズメバチのおひたし】 その3【蟲あんみつ】 参加者みんなで調理しますので、いろいろと質問したり、大変勉強になります どれも、おいしく調理されており、おいしかったです。 スズメバチのお浸しが大変美味しく、山間部、特に長野や岐阜の方が食べているとの情報でしたが、食味表では、ウナギとほとんど同じなので、別の昆虫食の会では、食べ比…

※ 安倍総理とトランプ大統領の蜜月

どうなる南北朝鮮問題 安倍総理とトランプ大統領の関係は本当にお互い、同じ要素があることを感じているのだとおもいます、安倍総理の愛国心とトランプ大統領の愛国心、安倍総理に近い和田政宗氏が熱く語っています。 ♯110 報道特注【どうなる北朝鮮問題!】

※ 青山繁晴氏の熱い思い、拉致監禁 ※

拉致監禁をさせてしまった、愚かな日本、青山繁晴氏の熱い思い、なんとか解決しなければ、日本の歴史の永遠の汚点となり、国民の永遠の悲しみとなる。。。 【DHC】5/7(月) 青山繁晴×居島一平【虎ノ門ニュース】

※ ジョン万次郎のアメリカ情報 ※

ジョン万次郎はアメリカに渡り、聡明であった万次郎は、当時のアメリカを見てきた 紆余曲折あり、幕府の通訳など、アメリカを伝えた、彼は開国を解いた、土佐の漁師で身分の低い万次郎は、苦労しただろうと思う、日本にはキリスト教と西欧列強の植民地主義の侵略の手がのびた、 当時の明治政府の重鎮となる若いサムライたちに西欧を見せるためにグラバーは10億円の費用をだした、 商人であったグラバーの背後はイギリスのグ…

※ 出エジプト記10章14~15の砂漠飛びバッタ ※

※ サバイバル食料ということで ※ 5月5日の世界一受けたい授業で  砂漠飛びバッタ アフリカ、モーリタニアでバッタ研究する日本人教授の授業がありました、これは出エジプト記10章14~15にある聖書ではイナゴといわれていますが、いわゆる日本のイナゴとちがって、殿様バッタに似た、これは砂漠飛びバッタという大群になるバッタです、東京都ほどの大きさにもなる大群です。 テレビのゲストが串刺しにしたバッタ…

※ 「明かされた真実」動画☆彡文字起こし

☆一郎さん、文字の間違い教えて下さって、ありがごうとざいます。 すみませんでした。 「明かされた真実」動画 大変素晴らしくまとまっていますので、勝手に 文章化させてもらいました。お許しください。。。 動画作成してくださった、兄弟に感謝いたします。こんごサンクチュアリ教会に来られる人などに、とても分かりやすい動画ですので皆様にも見てもらいたいです、 亨進様の経緯が良く理解できます、一時間と少しの動…

※ 今が一番くるしい時かもしれません。※

赤い大きな龍が韓半島を飲み込めば、その毒にやられて、赤い龍は死ぬ。。。 赤い龍もこの韓半島の毒には勝てません。小さくとも韓半島という蝮の毒は赤い龍も殺す 大変な毒です。。。 中国の賞味期限も、もうあまりありません。 北朝鮮も賞味期限がもう少しです。。。 アメリカもソビエト連邦のように、ばらばらになるかもしれません。 もともと合衆国ですね。各州が独立国となるかもしれません。 鉄の杖、これがアメリカ…

※ 沖縄の声を訊く ※

このような金城テル女史の戦いがあって、わかき闘士、我那覇さんにつながっていたのですね。戦う沖縄の闘士を皆様応援しましょう。。。 【沖縄の声】「孔子廟は憲法違反」~孔子廟訴訟が政治に与える影響~[桜H30/4/27] 金城テル 共産党を甘く見た翁長知事の悲惨な末路!自分の都合で犯罪者の前川喜平を擁護するマスコミの正体 20180330 又吉康隆

※ それでも民は祈り続けた ※

※ 島原の乱のあと、隠れキリシタンはそれでも存在し続けたのですが、これ以後、幕府はキリシタンとわかっていても、見て見ぬふりをしました。それほど幕府はおそれていたのです。 その島原の犠牲によって隠れキリシタンは日本で生き延びました。 そして隠れキリシタンであった西郷どんが、キリシタン禁止令を廃止しました。そして当時の明治政府の考え方に一矢報いるために西郷どんの西南戦争があった。とおもっています。 …